Y.N.弘美

2013年01月05日

「青い月 幻影詩篇」に寄せて2

「青い月 幻影詩篇」の表紙に使っていただいた「森へ」は
私のホームページ「gallery喜翔ろまん館」で連載中(といっても何年も更新せず忘れた頃にぽつりぽつりとアップしているお恥ずかしいものではありますが・・)のファンタジイ「リトルイースト物語」のために描いたもので
ストーリー的には不思議なトカゲを追って暗い森へ入る双子の姉妹を描いています。

そのため、たびたび私の絵に現れる「迷子の不安」が、他の作品よりも色濃く漂っています。
絵画教室の生徒さんのなかには怖いと言う人もいたこの絵を、
弘美さんは最初に見たときから、とても好きだと言ってくれました。

とても大切な存在を失って一時的に迷子になってしまった心を言葉に紡がざるをえなかった彼女の詩に、
心のどこかでいつも、迷子になってしまうことに怯えている私(たち)は共感します。

そのことで彼女の詩はとても普遍的です。

・・・・そしてその光は七色のエネルギーとなり また新しく歩き始めなければならない君に 微笑みながら 送ろう・・・・・

この詩集の帯に印刷された詩の一節のとおり
知的で凛々しい人である彼女は出版というエネルギーの必要な作業に没頭し、散らばった思いをアルバムに綴じて(あるいは閉じて)次の一歩を踏み出そうとしているようにも見えます。

彼女らしい見事な処し方。
でもあまり急がないで・・とも思うのです。

「青い月 幻影詩篇」をさらりと読んだばかりでのとても個人的な感想です。
これから先、ときどき引き出しから取り出してはじっくり楽しむことにいたしましょう。








kishol3 at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)