絵画

2018年03月24日

喜翔&伽楽 創作二人展のお知らせ

kokuti-ss
自由が丘で春の作品展を開催いたします。

2014年から開催している、実弟である彫金作家「伽楽」とのコラボ展示
アクセサリーだけだと壁が空くからとの理由による企画展の今回は姉弟二人展です。
伽楽は「わがまま上等・・」オリジナルのシルバーアクセサリーや和装用アクセも承るとのことです。

私の方は、なんとか大正浪漫?的新作2点を完成させましたが・・
1点は関西に送っての裏打ちが間に合わず、描きたてほかほかを簡易額装、予約のみ受け付けとなりました(汗)、、、いつもこんなんで、、申し訳ありません。


お花見に最高の季節と重なり、画廊に来てくださる方が少なくなる時期ではありますが、
ぜひぜひお花見帰りにお立ち寄りくださいませ。

18dm-ss
18dmatena

◆喜翔おひめさまSHOPはこちら→
◆伽楽ホームページはこちら→

kishol3 at 09:34|PermalinkComments(0)

2014年09月06日

姉弟初のコラボ展/伽楽&喜翔COLLABORATION

ohrap-s2



伽楽&喜翔COLLABORATION

9/18木〜23火祝 10:30ー19:00
※最終日は17:00まで


ギャラリーキタガワ
東京都国立市中1-9-63 TEL042-577-2077 042-573-3310 国立駅南口駅下車徒歩3分※正面の多摩信金とマクドナルドの間を入る









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月の息子の結婚式で久しぶりに会った弟、伽楽に「作品展するけど壁空くし出品しない?・・」と軽いのりで言われて実現した姉弟初のコラボ展。たしかに向うは物が小さい!

押し入れに何点かあるからと気楽に同意したものの送られてきたギャラリーの壁面図を見てあせりました。

1Fと2F合わせると結構な広さ。 あわてて放置していた「ラプンツェルに取り掛かり」、幸いタイミングよく返却されてきた2015年版カレンダーの原画を裏打ちに出し・・・なんとか十数点展示できる運びとなりました。

1Fは美人画・童女画・七福神と和の作品、2Fはおひめさまとグリム系です。

お薦めは、もちろんラプンツェル。
そして縁起の良い干支七福神カレンダーの原画「弁財天」なかなか美人の弁天様です。

裏打ちに少し問題が発生した干支七福神「宝船」は■わけあり!■価格です。


si0304-1sss






karakudm-s

dmura-s

kishol3 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月10日

ラプンツェル考

グリムのラプンツェルの元になったと言われるシュルツの小説ラプンツェル。その原典となったのはイタリアやフランスに伝わるペルシネット(パセリからきた名前/ペトロシネッラなどいろいろ)のお話だそうです。

ほとんど同一キャラと考えてもよいこのヒロイン達は、結末こそ少しづつ違うものの、
みな名付け親の養母(ゴテル)である魔女にとても可愛がられて育ちます。洋服も部屋も教育も上質なものを与えられ、お日様の下にいる中で一番の美しさも歌の才能も魔女が与えたものとされるバターンが多いのです。
年老いて真新しい輝く命に夢中な魔女の愛情につけこんでわがまま放題に要求をエスカレートさせ、はては全財産を巻き上げてしまうという当時の庶民のたくまさを思わせるお話まであります。

グリムのラプンチェルは、まだ大人しいほうで、ただ塔に初めて見る男性として現れた王子と恋をするだけです。
でもそれこそが魔女が一番怖れていたこと・・だからこそ初潮を経て子を生むことのできる12歳という年齢で塔に閉じ込めたのですから。
妊娠がばれて・・といっても当の二人はそのことを知らないけれど、王子とラプンチェルは塔を追い出されてそれぞれ、血のにじむ苦労をしたものの7年後に再会。荒地で生まれた男女の双子を伴って王子の国に帰りハッピーエンドとなるのですが、
魔女の教育のおかげで、ラプンチェルは気後れすることなく王妃となって幸せに暮らしたことでしょう。

貧しい農夫婦の下で育つより結果的には幸せな人生だったように思えます。

魔女のその後は不明ですが、この物語でいちばん哀れなのは年老いた魔女なのではないでしょうか。

kishol3 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月04日

ラプンツェル下図作成中

d0e1e055.jpg

まだ途中ですが、おひめさまの次回作
ラプンツェルの下図です。
上下の飾り枠の中にはいる王子、魔女、双子の子どもたちがなかなかできません。



kishol3 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月24日

最新作「サンドリヨン-cendrillon-」SHOP販売開始

cend-gaku


喜翔おひめさまSHOP販売ページはこちら→
http://ohimesamashop.ocnk.net/product/79
次回作はラプンチェルです。

kishol3 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月28日

2011年在庫処分YAHOOオークション開催中

喜翔おひめさまSHOPでは

お正月のしつらいに間に合うこのタイミングで
2011年の在庫処分YAHOOオークションを開催中!

とりあえず美人画作品をアップしましたが・・
クリスマスプレゼントに適した童女画作品も
近日中に出品予定です。

ぜひご一覧ください。

喜翔YAHOOオークションページはこちら→

出品中および出品予定作品
花と見紛ふ歌舞伎連作「妹背山婦庭訓お三輪
雪うさぎ写真館にて椿







kishol3 at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月19日

母の日プレゼントに!大正ロマン・昭和レトロ美人画特価でお届け

気になりながら引越し以来ずっと手つかずだった
押入れをやっとのことで整理したら

なつかしい作品が何点か出てきました。
mizutamagakutasakuragaku


1998年作 大正浪漫美人画「さくら」
1999年作 昭和レトロ美人画「水玉の服の女」
です。桜のほうは銀泥を使った部分が黒く変色。
「水玉・・」は額裏の金属部分が少しさびていますが
絵のほうはほとんど変化がなく安心しました。


少し個性の強い作品だからこそ、しまいこんでいたのですが
大正・昭和のムードが好きな高齢の方への母の日プレゼント
にどうかと思い直し、わけあり特価でショップにアップしてみました。

母の日向きの童女画カーネーションとともに

母の日プレゼント特集ページで紹介中です。

dokane


kishol3 at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月19日

喜翔おひめさまSHOP/母の日のプレゼントセール実施中

花みずき














桜もあっという間に終わってしまって、はや新緑の季節。
今花みずきがきれいですね。

もうすぐゴールデンウイーク・・そして母の日です。(5月10日日曜日)
みなさま親孝行してますか?

喜翔おひめさまSHOPでは母の日のプレゼント用に

●●本日から5月10日(日曜)まで●●

童女画全品を、特価・・最大33%OFF!・・でお届けいたします。


童女画販売ページはこちら→


これを機会に日頃の感謝をこめて、お母様へのプレゼントにいかがでしょうか。
いつも「母」をがんばっているご自分へプレゼント・・というのもこの際ありかも。



※絵画は好みが分かれます。サプライズをねらうよりも
ご本人にゆっくり選んでいただくことをお奨めいたします。


kishol3 at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月06日

新生活

喜翔/さくら


桜が満開ですね〜〜

お花見が済むまでは、なんだか気もそぞろになってしまうのは
私だけでしょうか。

近所の小学校は今日が入学式らしく、今年の桜はピッタリのタイミング。
長男の入学式に親子ともども緊張して参加したのはついこの間のことのようなのに思えば16年も前のこと・・・
その長男も入社式を終えて今、研修の真っ最中です。

うちは家から通勤ですが、この春一人暮らしを始めた女性も多いはず。
そんな方への新生活応援プレゼントにどうかと考えて

喜翔おひめさまSHOPでは
「モダンガール」シリーズを、ただいまお手軽価格でセール中です!!

販売ページはこちら→

少し小さめの八つ切りサイズ(290×355mm)の真っ白な額に
きれいなカラーのモダンガールの絵を入れました。

モダンガール「花みずき」
モダンガール「さくら」モダンガール「ひまわり」












お嬢さん、お孫さんへのプレゼントに・・もちろん
がんばる自分へのプレゼントにもいかがでしょうか。


kishol3 at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月15日

著作権

チューリップ

ホームページやSHOPをやってるため
見知らぬ方から、メールをいただくことがあります。

昨日は70歳の女性の方からの初めてのメール・・

私が原画を担当した美人画カレンダーを気にいっていただいて
趣味のパソコンアート(素敵)で、模写させてほしい
との丁寧なご挨拶でした。

仲間内のホームページで公開したいとのこと・・

著作権のことくわしく分かっているわけではないですが
コピーしたものを個人的に楽しむだけなら問題ないけれど
このごろは手軽に発表、公開できる手段が多いのでやっかいですね。

厳密に言うと、問題があると思うのですが
私は趣味のサークルや教室展、この方の場合のような
仲間内での発表の場合に限っては許可して自由に使ってもらって
います。

だってうれしいじゃないですか
喜翔の絵を気に入ってくださったってことだから。

ただし、必ず「喜翔作 作品名 模写」などのキャプションを入れて
いただくようにしています。

創作活動する以上、プロでなくても自作オリジナル作品と
他の作品をコピーすることの違いはしっかり意識していただきたいからです。
喜翔きぬえ教室でも、人物画は私の作品の模写から入ることも多いですが
できるだけ花や野菜のスケッチも同時進行して、少しづつオリジナル
作品の比率を増やすようにしています。

苦労して試行錯誤したものには
たとえうまく描けなくても、必ずその方らしい味わいが出て
素敵な作品が生まれます。


kishol3 at 02:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)