台風

2018年10月14日

倒れても・・コスモスは満開です

cos7

今年は台風が多くて、大きい被害は無かったものの、
毎年こぼれ種で庭や畑中に広がっているコスモスは根が浅く、そのたびに倒れそのたびに杭を打ったり紐でくくって引き起こし・・10月に入って来た24号まではなんとか頑張って起こしたもの、1週間後の25号ではすっかり諦めてしまい・・・結果倒れたまま今満開を迎えています。

倒れてもきれいな花を咲かせる強靭さには驚くばかりですが、立ち枯れて種が乾くのを待ち、場所によってはその場に倒すだけの手間いらずの例年に比べ、花後の片付けはやや面倒です。

cos9
24号直後
cos3
cos2cos4
cos6
畑の柔らかい土の所は昨年の2mには及ばないものの150cm越えで倒れやすくなっていたため手が付けられない状態です
susuki1
冬の地面凍結対策に萱葉が欲しくて川の土手から移植したススキは無肥料なのに株も穂も巨大化してこれ以上増えたら困るまでに
nogi1
5月の連休前から夏まで咲いて花殻を根本で切ったら新葉を出してまた花をつけた野菊。花が大きく花色が濃くなりました
kaeru1
バッタやコオロギが多いのでアマガエル、アオガエルもたくさんいて、それを狙った蛇も見かけます。青大将は慣れているけれどこの夏から黒い蛇がいてたぶんシマヘビの黒化したカラス蛇?とは思いながらヤマカガシだとやっかいなようなので夕方はすこしビビって(ガサゴソ音をたてながら)作業しています。

kishol3 at 16:44|PermalinkComments(0)

2015年09月05日

台風にもめげず

ibara2

先月8月25日の台風15号・・

ここ八代地方は西からのコースの時は被害が大きいと言われてきた通り今回もほぼ直撃を受け、
後に植える作物の都合で早くも穂が出て色付いていた稲が倒れたり、イチゴの苗植えを間近に控えたハウスが壊滅したり、収穫間際の梨が落ちたりと被害が大きく、農業は辛い仕事だと改めて思い知らされた出来事でした。

幸い我が家は、母が趣味的に作っているぶどうのハウスのビニールがはがれた程度。お盆に、倒れたら電線にかかるからとシンボルツリーのゴールドクレストを切ってもらっていたのが幸いして、被害は最小限で済みました。

ただ、2階仕事場前のベランダに今年初めて作ったゴーヤカーテンは2〜3個残ったゴーヤも葉もすべて引きちぎられ、線路脇から取ってきて挿し木から育てた野茨は葉がずたずたに・・・

ゴーヤはあきらめて撤去したものの、野茨は・・・・

被害直後から新芽がぐんぐん伸びはじめ脅威の成長ぶり。改めて野生育ちのたくましさを見せつけられています。

大きく茂っていた線路脇の親株はほとんど葉がなくなり今は枝ばかりのみすぼらしい状況ですが、こちらもすぐに回復することでしょう。

goya1
台風前のゴーヤカーテン(梅雨が長引いて成長はいまいちでしたが・・)
IMG_14405月始め挿し木で根が出てポット植えした直後の野茨
ibara4
台風前の野茨(ポット植えから3か月。8月の空に向かってぐんぐん成長中)
ibara3
ずたずたの葉に若緑の新芽がたくましい今日の野茨(トップ画像も同じ)










kishol3 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)