2012年06月

2012年06月20日

童女画「カーネーション」「コスモス」特価販売中!

お手頃価格で紹介していたモダンガールシリーズの「はなみずき」「桜」が
SOLD OUT。
ますます品薄の喜翔おひめさまSHOPです。

あまりさみしいので最後の童女画2点「コスモス」と「カーネーション」
いずれも手頃な四つ切りサイズの額入りを・・
本日よりさらにお得な3万円で販売しております。
定価より43%引きくらい・・??

SHOPサイトTOPページ右、店長おすすめコーナーにて。

画像クリックで販売ページへ→
docosumosugaku-s


doka-negaku-s


kishol3 at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月13日

爪紅 つまべに つまぐれ つまぐろ

dotumabeni-s


3761861

いさかいしたるその日より
爪紅の花 さきにけり
TINKA ONGO の指先に
さびしと夏のにじむべく

           北原白秋

TINKA ONGO =小さい女の子?

つまべにと読むと思い込んでいたのですが、上の詩にツマグレとルビがあって思い出したことがあります。

近所のお姉さん達に教えてもらって爪を染めていた鳳仙花のことを熊本の田舎ではツマグロとよんでいて、
真っ赤に染まるのになぜクロ(黒)なんだろう・・・・・と子ども心に疑問に思っていたのです。

白秋は同じ九州の柳川の人なので、少し似ているツマグレ。
爪紅→ツマクレナイ→ツマグレ→ツマグロだったんだと気付いて50年来の疑問が解けて、スッキリ!です。

ちなみに、絵と違って爪を染めるときは
鳳仙花の花をつんで、スベリヒユの葉をまぜて大きめの石でたたいて潰し、汁っぽくなったものを爪の上にのせラミーとよんでいた苧麻の葉で包んで縛り、しばらくおきます。(1時間以上?)

かなり真っ赤に染まり、一週間以上とれなかったような・・・おぼろげな記憶です。




kishol3 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月10日

ラプンツェル考

グリムのラプンツェルの元になったと言われるシュルツの小説ラプンツェル。その原典となったのはイタリアやフランスに伝わるペルシネット(パセリからきた名前/ペトロシネッラなどいろいろ)のお話だそうです。

ほとんど同一キャラと考えてもよいこのヒロイン達は、結末こそ少しづつ違うものの、
みな名付け親の養母(ゴテル)である魔女にとても可愛がられて育ちます。洋服も部屋も教育も上質なものを与えられ、お日様の下にいる中で一番の美しさも歌の才能も魔女が与えたものとされるバターンが多いのです。
年老いて真新しい輝く命に夢中な魔女の愛情につけこんでわがまま放題に要求をエスカレートさせ、はては全財産を巻き上げてしまうという当時の庶民のたくまさを思わせるお話まであります。

グリムのラプンチェルは、まだ大人しいほうで、ただ塔に初めて見る男性として現れた王子と恋をするだけです。
でもそれこそが魔女が一番怖れていたこと・・だからこそ初潮を経て子を生むことのできる12歳という年齢で塔に閉じ込めたのですから。
妊娠がばれて・・といっても当の二人はそのことを知らないけれど、王子とラプンチェルは塔を追い出されてそれぞれ、血のにじむ苦労をしたものの7年後に再会。荒地で生まれた男女の双子を伴って王子の国に帰りハッピーエンドとなるのですが、
魔女の教育のおかげで、ラプンチェルは気後れすることなく王妃となって幸せに暮らしたことでしょう。

貧しい農夫婦の下で育つより結果的には幸せな人生だったように思えます。

魔女のその後は不明ですが、この物語でいちばん哀れなのは年老いた魔女なのではないでしょうか。

kishol3 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月07日

ラブンツェル考

b9df8aba.jpg中世ヨーロッパで魔女は専門的技術を持った数少ないエリート職業婦人です。
魔女狩りという忌まわしい時代がくるのはまだ先のこと。
彼女は魔法という特殊能力を手に入れるために・・・もちろん天性の資質があったとはいえ、たくさんの犠牲を払ったことでしょう。その最たるものは結婚しない=異性と交わらず子を持たない事。
白雪姫の母魔女のように例外はたくさんありますが・・


思春期の処女の霊性は魔法の修練に必須の条件のように思われます。
プライド高く自由に生きた彼女も年を経て「魔法使いのおばあさん」と
呼ばれる頃になると哀れ、孤独に耐えきれず、
我が偉大なる魔法の後継者が必要との言い訳のもと赤ん坊を盗み、買い、あるいはだまし取るというなりふり構わぬ行為に。

かくしてラプンツェルは貧しい農夫婦から奪われ魔女に育てられることとなります。

ではラプンツェルは哀れな犠牲者なのか


kishol3 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月05日

ラプンツェル考

ラプンツェルとは、野ヂシャと訳されるので、レタスのような野菜だと思っていたら
wikiによるとオミナエシ科の植物との説があるようで、
どちらにしても妊婦が食べると乳の出がよくなるとされる野菜とのこと。

そうすると、貧しい妊婦が魔女の畑のみずみずしい青菜を食べたくて
どうしても我慢できず夫に盗ませた理由が納得できます。

何度か盗むうち、ついに魔女に見つかって生まれた子どもが奪われることに・・・

ではなぜ魔女はそんなに子どもが欲しいのか?






kishol3 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月04日

ラプンツェル下図作成中

d0e1e055.jpg

まだ途中ですが、おひめさまの次回作
ラプンツェルの下図です。
上下の飾り枠の中にはいる王子、魔女、双子の子どもたちがなかなかできません。



kishol3 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月03日

本日は喜翔きぬえ教室です。

大阪府都島区の区民センターで第1・第3日曜、
枚方市さだ生涯学習市民センターで第2・第4日曜に
開催している喜翔きぬえ教室。

本日は都島です。
みなさんそれぞれ好きな画題で制作中。

きぬえ教室の名前どおり、絹に日本画絵の具で制作することが決まっているだけで画題はまったく自由です。
喜翔の美人画の模写あり、妖艶な美女あり。好きな水晶石なんて変り種に
猫にカメレオンにペンギン・・と生き物系の方
富士に仏画とやや本格的日本画志向の方も・・

おしゃべりしながらわいわい日曜のひとときを過ごしています。

写真 12-06-03 15 29 22

写真 12-06-03 15 29 11

写真 12-06-03 15 29 31

写真 12-06-03 15 30 30

写真 12-06-03 15 29 49

写真 12-06-03 15 30 09



kishol3 at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)